スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
開発本陣 09年2月25日
2009-02-26 Thu 01:30
3特化の強化

“凶神の冥宮”(まがつかみのめいきゅう)の攻略が広く行われ、徒党募集も活発化している状況に合わせて、以下の3特化に対し、技能追加を含む強化を行います。

【 僧 兵 】 (僧)
回復と攻撃を自在に入れ替える複合職として、元来、使いこなすには工夫が必要な特化です。しかし、調査によって、工夫した上でもなお強力なボスNPCに対して、攻略困難な状況にあることが判明しましたので、新技能の追加と一部既存技能に効果を追加します。

【 高位召喚術 】 (陰陽師)
敵NPCの使用する高威力の攻撃妖術によって、使役する式神がすぐに倒されてしまう問題に対処します。また、陰陽師の他特化に比べて攻撃能力の差が開いているため、消費気合の調整により、他特化との適正化を図ります。

【 四 象 】 (傾奇者)
物理攻撃力に妖術効果をプラスしてダメージを与える攻撃職、というこの特化の特長に沿い、物理攻撃力を強化するとともに、妖術攻撃力を活用できるよう、調整を行います。またこの特化には、属性攻撃術の効果に影響を与える“四象”(ししょう)を上下させる補助職の側面もあります。四象システムを調整し、メリットをより明確化します。



予想

○僧兵の既存技能の追加効果

魂砕撃でとどめを刺した際に生命を回復するようにしました。(+成仏撃)

○僧兵の追加技能(対ボス用)

快刀乱麻(笑)

⇒下手に僧兵を強化すると、PC強化の10倍近くNPC僧が強化されるので厄介です。


○召喚の耐久問題

攻撃妖術によるダメージを無効化しました。(護式のみ)

○出力の問題

百鬼夜行の消費気合を調整しました。(5割くらい)


⇒式全体の耐久上昇と百鬼夜行の強化だけをしてしまうと、式が動ける分
  今度は仙論が(ryとループに落ちやすいので、
  攻めの百鬼モードと割り切って動かない護式が日の光をあびるという調整を妄想してみた

○演舞のスペックの問題

四象操作時に、20~30度ぽんと動けばいいんだよ。

そうすれば、抗術としても使いやすいだろうし。

後は天衣と天地の区別をすればいい。

天地が物理大の妖術小で天衣が物理小の妖術大とか。

⇒脳筋が許されるのは殴り鍛冶だけでいい。
すでに痺れ看破気合が備わっているのだから、単純なスペックアップは他のサブアタを淘汰してしまう。




○殴り鍛冶の問題

破刃の術止め性能(準備中の気合ダメージ)の信頼性を新Dでも発揮できるようにして欲しい

刀鍛冶の物理アタック性能というよりは、道場目録の破鎧術と闘魂の性能をもっと良くしてほしい

関連記事
別窓 | 信オン(日記) | コメント:4 | top↑
<<むしろ全職開放すべき | あまかじ ~未開遊戯~ | スターオーシャン4 さいしょのほう>>
この記事のコメント
僧兵強化ひゃっほーいw

Nの僧強化うぇうぇwwwww
2009-02-26 Thu 11:10 | URL | stk #-[ 編集] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-27 Fri 13:20 | | #[ 編集] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-02-27 Fri 13:59 | | #[ 編集] | top↑
>stkさん

こんなときどんな顔をすればいいかわからないの。
2009-03-01 Sun 03:13 | URL | あまの #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| あまかじ ~未開遊戯~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。